再エネ用語辞典

化石燃料

かせきねんりょう

太古の植物や動物の死骸が経年変化してできた燃料。石炭、石油、天然ガスなどのこと。

化石燃料はエネルギー効率がよく使いやすいことが特長だが、燃やすと二酸化炭素、窒素酸化物、硫黄酸化物などを発生させる。これらのうち、特に二酸化炭素や窒素酸化物の一部は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの増大をもたらす。埋蔵量に限りがあるため、使い続ければいつかは枯渇するとされている。また、日本国内の資源が乏しいため輸入する必要がある。